<< <中国毒ギョーザ>公安当局の説明になお疑問も(毎日新聞) | main | 経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し−与謝野、平沼氏ら(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「矯正可能性は絶無」大阪の強殺被告に死刑求刑(読売新聞)

 大阪市旭区で2001年8月、薬局経営・田島英代さん(当時84歳)を殺害、売上金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた元塗装工・今村宗則被告(49)(別の強盗殺人事件で無期懲役が確定)の論告求刑が31日、大阪地裁(杉田宗久裁判長)であり、検察側は「人命の尊厳を一顧だにしない犯行は鬼畜の所業。矯正可能性も絶無だ」と述べ、死刑を求刑した。

 公判には、田島さんの長男(59)も被害者参加制度を利用して出廷、「被告が再び社会に戻れば、同じような被害者が出る。遺族の心情を考慮し、死刑にしてほしい」と求刑意見を述べた。

 起訴状では、今村被告は01年8月28日午後9時頃、客を装って薬局に入り、田島さんを絞殺。売上金約7万円などを奪ったとされる。

 今村被告は、この事件の2週間前に同市北区で起きた強盗殺人事件の容疑者として01年10月に逮捕された。

 05年1月に無期懲役が確定し、服役中の08年8月、田島さん方に残されていたタオルの再鑑定で今村被告と同じDNA型が検出され、同年11月に逮捕された。

NOVA元社長を不起訴処分(産経新聞)
「愛犬のあだ討ち」酌量の余地ない…小泉被告、死刑判決受け傍聴席にらみ退廷(産経新聞)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
<掘り出しニュース>わさおの“ぶさかわいい”ティッシュ人気 北東北限定(毎日新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 01:01
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 融資
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 還元率
情報商材レビュー
債務整理
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM